身体表現コンサルタント&マイムアーティスト
荒木シゲル

2016.09.28

トランプ氏のジェスチャー

昨日、今回のアメリカ大統領選で始めてのTV討論があったとか。

自分の国ではないですが、気になってしまいますよね。まったくの無関係とは言えないですし。

これまで過激な発言をしてきたトランプ氏が、

現に共和党の代表として大統領選を戦っているという事実にちょっと驚いてしまいます。

 

今回に関しては、おおらかな笑顔を絶やさなかったヒラリーさんが

優勢だったというのにはなっとくです。

トランプ氏はやや厳しく、「シリアス」な印象を強調したかったのかもしれませんが、

リラックスしている印象のヒラリー氏は、見る人に安心感を与えたのかもしれません。

あくまでもノンバーバル的な話ですが。

 

ところで、前々からトランプ氏の手のジェスチャーがとても気になっていました。

演説などで強調したいときに指を一本立ててしゃべるのですが、

その指差しが、手のひらを正面に向けて、指を握りきらないようなかたちなんですよね。

(実際のトランプ氏の画像ネット上にも結構あったのですが、

著作権とかありそうなので自撮りしてみました。)

このポーズ、ややおねぇっぽい感じもありますし、特定のコトバを強調している、というより

そもそも何かを否定しているというか、「ダメでしょ」って注意されているような

そういうしぐさに見えてしまうんですよね、個人的には。

ただのクセなんでしょうけど、どうもイヤなポーズです。

普通に指差すより、指の筋が引っ張られて断然このポーズのほうが

やりづらく感じますし、これをやめたら少しは印象改善されるんじゃないか、

と密かに思ってるんですよね。

大統領選、引き続き見守っていきたいと思います。