非言語コミュニケーションとパントマイム・荒木シゲル公式サイト

  • 荒木シゲル公式Twitter
  • 荒木シゲル著「伝わり方が劇的に変わる!しぐさの技術」Facebookページ
  • 荒木シゲル公式youTubeページ

身体表現コンサルタント&マイムアーティスト
荒木シゲル

2017.10.20

リアクションの違い

突然ですが、クイズです。

文化や国籍による感情表現の違いをリサーチする目的で、日本人とアメリカ人のグループにそれぞれ外科手術や事故の映像を見てもらいました。すると、両方のグループとも嫌悪感を示すリアクションをしたのですが、表現のしかたに若干の違いがあったそうです。それは何でしょう??

アメリカのドラマ“ライ・トゥ・ミー”の主人公のモデルと言われているポール・エクマンの本に書いてあったことです。

下のほうに答えを書きますので、少し考えてみてください。

 

 

チッチッチッチッチ…(時計の音)

 

 

 

答えは、「日本人のほうが嫌悪感を笑いで隠すことが多かった」でした!

嫌なことがあったり、不快なときに「あのねぇ…」みたいな感じで苦笑いすることありますが、確かにそれってすごく日本人っぽく感じます。西洋人にも皮肉やブラックユーモアは通じますが、不快な思いを笑いでごまかすのは少ないかも。

とても興味深いです。

 

さて、先週の13日~15日の「オヒトリⅡ」は無事終演しました!

またまたマニア向けの不思議ワールドパントマイムを披露した訳ですが、概ね好評だったようで自分としては満足しています。

「すごく面白かったです!」というお褒めの言葉も頂きましたが、「よく分からなかった」とか「〇〇の部分は何をしていたの?」みたいな質問もあり、少しずつ細かい調整も加えました。とは言え「全く意味がわからなかった」という人がいつも1~2割は居る、というのがパントマイムの宿命なんですよね。えぇえぇ、わかっております。でも言葉で説明したり、安易な表現にしたくないんですよね。(ただし今回の作品を作ったのが“ツインピークス”の新シリーズを見た直後だったので、影響されて余計に難解な内容になったとの噂も…。)

自分としては観た人に余韻を残しつつ、帰りがてら一体何だったのか考えてもらうようなのが理想だと思っています。

さてさて、次は!今月28日(土)にかわさきFMさんに出演します。

前回呼んで頂いた“name.の洋楽島 UK Special”の第二弾!

何やら今回から新人アシスタント、新コーナーなど目白押しなようです。

土曜のお昼前、是非お聞きください~~!!

■□かわさきFM 79.1MHz□■

name.の洋楽(アイランド)”

毎月第四日曜日 AM11時〜12時 生放送

10月28日(土)11時~12時 UK Special

ゲスト 荒木シゲル

〜ラジオ視聴方法〜

http://www.kawasakifm.co.jp/

かわさきFMさん、トップページ、
かわさきFMをインターネットで聴こう!